イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはイギリス現地オフィスのロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのfacebook
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)/10時~19時(土日)
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

イギリスの郵便について


イギリスの郵便について

イギリスへ渡英したら誰もが日本の家族や友達に手紙やお土産を送りたいものでしょう。しかしながら、イギリスでは様々な種類の郵送サービスがあるため、事前に調べておくとよいでしょう。イギリスの郵便局(ポストオフィス)では大きく2つに分けてRoyal Mail(ロイヤルメール)とParcel Force (パーセルフォース)のサービスがあります。各Post Office では切手販売や、保険、両替、Royal Mail と Parcel Force の受付窓口などの業務を行っています。
通常の郵便局の営業時間は朝9時から夕方5時半まで、週末は朝9時から昼12時までですが、ロンドンセンター街などでは営業時間が通常より長い支店もありますので、予め確認しておきましょう。


イギリス住所の書き方

日本からイギリスに手紙や荷物を送る場合、日本とは住所の書き方が逆になります。確実に郵便物を届けるためにも正確な住所を書くように心がけましょう。また、実は日本に郵便物を送る際は、住所をすべて英語で書く必要はありません。日本にいる両親や家族と手紙やポストカードで頻繁に連絡を取る方は、この豆知識を知っておくと便利かもしれません。

イギリス国内

名前       (Mr.) Ryugaku Yamada
ストリート名     40 Example Street
都市名      London
ポストコード     SW1Y 6AX
※ポストコード(Postal Code)はイギリス内の住所を定めるために非常に大切な番号です。ポストコードを間違えると届けたい住所に届かない場合がありますので、必ず確認してから送りましょう。
※手紙の裏には自分の住所を書くのも忘れずに。

日本からイギリスへ

名前      (Mr.) Ryugaku Yamada
ストリート名   40 Example Street
都市名     London
ポストコード   SW1Y 6AX
国名      UNITED KINGDOM
※送る側は自分の住所も英語で書くのを忘れずに。

イギリスから日本へ

日本語名前   山田留学様
日本語住所   東京都○○区○○街123
国名      Tokyo
        JAPAN
※国際郵便では基本どの国へ送るかしか見ていません。従って、イギリスから日本へ手紙やその他郵便物を送る際、住所を全て英語で書く必要はありません。
国名(念のため都市名も英語で) さえ大文字でわかりやすく書いてあれば確実に日本に送られます。

Royal Mail について

主にポストカードや封書、小さな小包を送るときに利用します。イギリスの郵便は比較的確実で迅速です。特にロン ドン市内は、郵便物専用の地下鉄で集配を行っているため、市内なら翌日に配達されることがほとんどです。イギリスから日本へポストカードや手紙を送るときは、一般的にはこのロイヤルメールサービスで送られます。

手紙・大きめの封筒・小包の基準

Letters(手紙) Large Letters
(大きな封筒)
Packets(小包)
長さ 240mm (max)
幅 165mm (max)
厚さ 5mm (max)
重さ 100g (max)
長さ 353mm (max)
幅 250mm (max)
厚さ 25mm (max)
重さ 750g (max)
いずれかに当てはまる場合
長さ 353mm~
幅 250mm~
厚さ 25mm~
重さ 750g~
※切手だけならスーパーで買う事ができますが、国内郵便の切手のみ扱っている場合が多いです。
※海外への切手を買う時はAir Mail(エアーメール)、又はOverseas (国際郵便)だと伝えれば問題なく購入できます。

ポイント1

Recorded Signed For には追跡サービスが付いており、今どこに郵便物があるのか確認することができます。さらに受け取る側のサインが必要となります。つまり、ポストに入れられるのではなく、直接届けたい人に受け取ってもらえるので国内・国際郵便とも大切な手紙や小包を安心して送ることができます。

ポイント2

Special Delivery Next Day(イギリス国内のみ)でも追跡サービスが付いており、また、Next Working Day (平日の翌日) に届くことが保証されています。特に急いで送りたい手紙や小包に使うと良いでしょう。封筒は丈夫なプラスチックでできており、ビザ申請書やパスポートを送る際安全ですので利用すると良いでしょう。

《主な国内郵便サービス(ポストカード・封書・小包)》
サービス名 配達日数
Delivery
損失・損傷による
賠償金
Compensation
追跡
サービス
Tracking
値段
price
First Class stamps 1 日 £46~ なし £0.62~
Recorded (Signed For) First Class stamps 1 日 £46~ あり £1.63~
Second Class stamps 3 日 £46~ なし £0.53~
Recorded (Signed For) Second Class stamps 3 日 £46~ あり £1.83~
Special Delivery Next Day 翌日 1:00pm まで £500~ あり £7.40~
Special Delivery 9.00am 翌日9:00am まで £50~ あり £18.18~
Medium Parcels(小包) 3 日 £46~ なし £5.20~
※値段は重さによって異なります。上記の値段は最小重量の物です。

《主な国際郵便サービス(レター・ポストカード・封書・小包)》
サービス名 配達日数
Delivery
損失・損傷による
賠償金
Compensation
追跡
サービス
Tracking
値段
price
International Standard (Airmail) 5日~ £46~ なし ヨーロッパ£0.97~
その他の国£0.97~
International Tracked 4日~ £46~ あり(イギリス内のみ) ヨーロッパ£5.97~
その他の国£6.28~
※値段は重さによって異なります。上記の値段は最小重量の物です。
※通常約5日ほどで届きますが(早くて4日)、遅くて1週間かかることもあるので注意しましょう。また、クリスマスシーズンはイギリス国内・国外共にかなりの時間がかかります。

Parcel Force について

Parcel Forceはroyal mailとは異なり、主に大きく、重めの荷物を扱っています。日本やその他海外に重い荷物を送る際はパーセルフォースを利用すると良いでしょう。ロイヤルメールと同様にサービスは様々あり、主に時間帯を選ぶことのできるサービスが主流となっています。その他、オンライン上で追跡することもできますので、大切な荷物は安全なサービス方法で送ることをお勧めします。また、FedEx や Parcel 2 Goなどポストオフィスでは扱っていない配達会社もあります。お値段は高めになりますが、荷物が早く着くという利点があります。また、重い荷物は自宅まで取りに来てくれるサービスもありますので、必要に応じて利用すると良いでしょう。

《主な国内郵便サービス(ポストカード・封書・小包)》
サービス名 配達日数
Delivery
損失・損傷による
賠償金
Compensation
追跡
サービス
Tracking
値段
price
express9 翌日9amまで £200~ あり £41.48 + VAT
express10 翌日10amまで £200~ あり £31.49 + VAT
expressAM 翌日12pmまで £200~ あり £21.49 + VAT
express24 1日 £100~ あり £16.49 + VAT
express48 2日 £50~ あり £11.99 + VAT
※値段は重さによって異なります。上記の値段は最小重量の物です。
※ほとんどのサービスが最大30キロまでです。

《主な国際郵便物(小包)》
サービス名 配達日数
Delivery
損失・損傷による
賠償金
Compensation
追跡
サービス
Tracking
値段
price
globalexpress 3日 £200~ あり £53.02
globalpriority 4日~ £200~ あり £32.28
globalpriority 6~8日 £100~ なし £9.65
※値段は重さによって異なります。上記の値段は最小重量の物です。
※ほとんどのサービスが最大30キロまでです。

日本からEMS(国際スピード郵便)で英国に荷物を送られた場合、お荷物が英国到着後Parcel Forceからの宅配になります。
EMSに記載されている荷物追跡番号(Tracking Number)をParcel Forceのサイトで検索頂くと英国内での追跡が可能になります。
不在通知等がお家に届いていなくても、Parcel Forceのサイトから確認や再配達ができます。

日系引越し会社

日本人留学生で日本へ帰国する際よく使われているのが黒猫ヤマト引越しセンターです。こちらでは帰国生徒用のサービスをしています。ロンドンに住んでいる場合なら、ユーストンまたはハローの支店でダンボールを購入することもできます。また、ロンドン市内ならば荷物の集荷を無料で行ってくれるので、これもまた有難いサービスです。