イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはイギリス現地オフィスのロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのfacebook
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間(日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10:00-18:00(月-金)

留学専門家のビザ申請用財政証明翻訳サービス


留学エージェントのイギリス留学専門翻訳サービス

三メガバンク
翻訳会社に留学生用ビザの為の翻訳を依頼して、必要以上のページの翻訳を行ったり、必要な部分のページを翻訳し忘れたりなどの失敗はありません。UK留学のプロが行うUKビザ申請翻訳サービスを提供しております。
毎年多くのイギリス留学生にご利用頂いているロンドン留学センターだからこそ、必要最低限の翻訳枚数で、すぐに留学専用の翻訳を行いますので、ビザ申請も安心です。

■こんな方におすすめサービス

  • イギリス留学の財政証明の為に翻訳書類が必要

  • 自分が提出した翻訳書類で本当に申請して大丈夫か不安

  • ロンドン留学センターをご利用の方

  • イギリスビザに特化した預金通帳の翻訳証明を作成

ぜひイギリス留学専門エージェントのロンドン留学センターの留学専門翻訳サービスをご利用下さい。※弊社ご利用のお客様へのサービスになります。

■イギリス留学専門翻訳サービス

パスポートカバー
留学エージェントだからできる、イギリス留学専門の翻訳サービス。イギリスビザ申請(Tier4/学生ビザ・ESVV・Tier5/旧ワーホリ)に必要な財政証明書類の翻訳、特に通帳の翻訳や必要書類準備の為の留学専門に翻訳を行っています。
多くの留学生のビザ申請の実績があるロンドン留学センターだからできる、イギリスビザに特化した翻訳サービスです。


イギリス留学で必要な翻訳の種類

通帳中身
イギリス留学では必ずと言って良いほど必要なのが財政証明の為の預金通帳翻訳となります。
銀行からの英文残高証明では、イギリス移民局の求めている条件が全て満たされていないケースが多いため、多くのケースで預金通帳を英文翻訳し提出しています。
ロンドン留学センターでは、イギリス留学生ビザ申請の際に必要な翻訳と翻訳証明も併せて作成し万全の体制での財政証明提出ができるよう英語翻訳サポートをさせて頂いております。


■翻訳料金費用プラン一覧

翻訳可能な金融機関 翻訳1ページ目+翻訳証明
通帳 みずほ銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
りそな銀行
郵貯銀行
8,100円
(追加1ページ当たり+2,700円)
戸籍謄本 8,100円
(追加1ページ当たり+2,700円)
※料金は全て税込です。
※翻訳内容によってはロンドン留学センターではお受けできない、もしくは当センターの委託先に翻訳を依頼する場合がございます。
※郵送の場合は別途送料をいただく場合がございます。
※ロンドン留学センターの翻訳サービスは、当センターを利用して留学・ワーキングホリデーを申請する方向けのイギリスビザ専門翻訳サービスとなっております。留学やワーホリと関係の無い翻訳に関しては承っておりません。

**料金例**

パターン① 通帳1ページ+戸籍謄本1ページ分の依頼の場合
通帳1ページ→8,100円
戸籍謄本1ページ目→8,100円
合計:16,200円

パターン② 通帳1ページ+戸籍謄本3ページ分の依頼の場合
通帳1ページ→8,100円
戸籍謄本1ページ目→8,100円
戸籍謄本2ページ目→2,700円
戸籍謄本3ページ目→2,700円
合計:21,600円

※詳細なお見積りはお問い合わせくださいませ。