イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • ロンドン留学センターのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

コロナウイルス渦中の、現在のロンドンの様子をご紹介します!
Column

こんにちは!
ロンドン留学センターです。

今回は、3月下旬から始まった新型コロナウイルスのパンデミックによる、現地ロンドンの様子をレポートします。
イギリスへの留学を検討されている方は、是非目を通してみて下さいね。
※本記事は2020年8月現在の様子についてご紹介しています。現地の状況は頻繁に変わっています。最新情報につきましては、必ず英国政府ホームページ等でご確認下さい。
弊社ホームページでも、最新情報が入り次第随時更新しております。※イングランド外およびイングランド一部地域では制限が異なる場合があります。

Content

ロックダウンとは

ロックダウン(都市封鎖)とは、感染症拡大防止のために人々の行動を制限する措置のことです。世界中の国それぞれが拡大防止のため、国境制限や外出制限などの規制を行いました。イギリスでは、当初は欧州諸国に比べ厳戒態勢を引いていなかったものの、感染拡大を受け3月23日に一転、ボリスジョンソン首相よりロックダウン開始が発表されました。
これをうけ、学校閉鎖や商業施設(レストランやエンターテイメント、ジムなど)の営業停止がアナウンスされ、スーパーや病院、薬局や銀行等の生活に必要不可欠な施設を除いた、ほとんどの商業施設が閉店し、外出制限により街の様子はがらっと変わってしまいました。
現在は段階的なロックダウン緩和がなされており、ソーシャルディスタンスを保つのが難しい一部商業施設を除く、ほとんどのお店の営業が再開されています。店内での人数制限・フェイスカバー着用義務はあるものの、以前のような街の活気が戻ってきています。
スーパーや薬局の品揃えも、パンデミック以前の状態に戻ってきており、不自由なく買い物をしていただけると思います。


交通機関

ロックダウン開始当初は、交通機関が減便・運休になり、通勤などで交通機関の使用が避けられない場合に限り認められていました。現在は規制緩和されたことで、だんだんと利用する人が増えてきている印象です。
一部駅の閉鎖や、時刻表の変更がありますので、交通機関をご利用の際は事前にお調べいただくことをおすすめします。
感染拡大防止の観点から、『Work from Home』在宅勤務が強く推奨されており、8月現在もかなり多くの企業で在宅ワークが実施されています。交通機関利用者全員にフェイスカバーの着用義務が科せられており、違反者には乗車の拒否及び罰金が科せられる場合があります。

現在では、日本を含む一部地域からの渡英時には、14日間の自己隔離が必要ないと定められていますが、
その他地域からの入国よっては自己隔離を義務付けられている国もあります。(※2020年8月現在の情報です。必ず最新情報をご確認下さい)
感染者数の変動により今後も制限が変わってくる可能性が高いので、渡英・航空機乗り継ぎ・欧州各国への旅行を計画する場合には、必ず各種機関に確認をとるようにしてください。

語学学校

ロックダウン開始を受け一度全ての語学学校の対面授業が停止されましたが、7月以降、徐々に対面授業を再開する学校が増えてきています。
各校消毒液の設置やクリーニングを徹底し、クラス人数を制限することでソーシャルディスタンスを保ち、生徒の安全の確保に尽力しています。
下記より弊社提携の語学学校の再開予定日一覧を掲載しています。是非学校選びの参考にしてくださいね。
【イギリス語学学校】再開予定に関する情報

渡英せずにお家で安全に授業を受けたい方・コロナウイルス様子を見つつも将来留学をしてみたい方は、各学校が展開しているオンラインレッスンがおすすめです!自粛期間を有効に活用して、英語を磨いてみませんか?

どのコースを受ければいいか迷っている方はこちら⇒語学学校コース比較
オンラインレッスンのある学校はこちら⇒オンラインレッスン

※上記でご紹介している学校以外にも、オンラインレッスンのある学校はたくさんあります。是非、弊社までお気軽にお問い合わせくださいませ。

ビザ情報

ロックダウン開始を受け一時期ビザセンターが閉鎖したものの、8月現在は再開しているため、申請を行っていただくことが可能です!
コロナウイルスによる影響で、申請、問い合わせまでの回答に通常よりも時間を要しているそうです。ビザの申請・延長の予定がある方は余裕を持って早めに動き出すことを強くおすすめします!
渡英に必要なビザについてはこちら⇒イギリスビザ申請概要

【コロナウィルスに関連したビザのお問合せ先】
英国政府サイト
英国への入国や滞在に関する審査、要件、制限等については、英国政府が判断、決定する事項であり、弊社でも具体的な手続きについてお伝えすることができかねてしまいます。
これらに関する質問や照会については、直接英国内務省(Home Office)へお問い合わせください。
英国内務省(Home Office)
・emailアドレス:CIH@homeoffice.gov.uk
※お問い合わせは英語でお願いいたします
※メールの場合、返答まで5営業日程かかるようです
・電話番号:0800 678 1767 (月~金曜日, 9am~5pm)

お役立ちリンク

NHSイギリス医療機関。コロナウイルスの症状が疑われる場合、検査予約などはこちらから
在英日本国大使館
ロンドン留学センター
英国政府サイトコロナウイルス、ビザ関連等
Japan Green Medical Centre日系の病院の為、日本語での診察が可能です。
BBCイギリス国内最大手の報道機関です。

まとめ

いかがでしたか?
ロックダウン開始当初にくらべ、以前のような状況に戻って
本記事がコロナ渦中のロンドンの状況を知るきっかけになれば幸いです。
本記事は2020年8月現在の情報です。上記リンクより必ず最新情報を確認頂くよう、予めお願い申し上げます。
弊社インスタグラムも現地スタッフがほぼ毎日更新しています!
イギリスの様子や現地観光・グルメ情報、英語勉強に役立つマメ知識などを中心に幅広く紹介しているので、リアルな情報をご覧になりたい方は是非チェック&フォローしてみてくださいね!