イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • ロンドン留学センターのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

【渡英準備】日本から持って行くと便利なもの
Column

イギリスに長期滞在する場合、日本から何を持っていったら良いか分からない方も多いと思います。いざイギリスに住んでみて困ることのないように、日本から持って行くと便利なものをご紹介します。
 
Content

①調味料、乾麺類


調味料…米・だし・味噌・醤油・みりん・めんつゆ・カレールー等、乾麺…インスタントラーメン・そば・うどん等。
普通のスーパーには日本食向けの調味料はほとんど置いていませんが、ロンドンには複数の日本食スーパーや韓国・中国系のスーパーが存在しており、上記のような基本的な調味料や乾麺は手に入ります。ただし値段は1.5~3倍程度するため、自炊をする予定のある方は荷物に余裕があれば持って行くことをお勧めします。

②お菓子、緑茶・麦茶パック


紅茶で有名なイギリスではショートブレッドやカップケーキ等甘いお菓子が充実している他、クリスプと呼ばれるポテトチップス等もありますが、やはり日本人にとっては甘すぎたり味が濃すぎたりすることも。そんな時に日本の甘辛いおせんべいや抹茶味のチョコレート等は恋しくなる存在で、イギリスに住んでいる日本人や現地の方へのお土産としても喜ばれます。また、緑茶や麦茶が好きな方はパックがあると便利。ただし、これらも日本食スーパーに行けば高額ですが手に入るものも多いです。

③生活用品


・サランラップ…イギリスにもサランラップはありますが質が悪いと言われており、日本から持ってくる方が多いです。
・ポケットティッシュ…こちらも売っていますが日本の鼻セレブのような肌触りのものはなかなかありません。
・歯ブラシ、歯磨き粉…イギリスの歯ブラシはヘッドが大きいため日本のものが使いやすいと思います。
・クイックルワイパー…イギリスの掃除機は重いものも多く、床をさっと掃除できるクイックルワイパーは重宝します。(シートは売っているので、棒の部分のみ持ってきたら十分です)
・生理用品…好みがありますが、日本のようなふわふわ感やフィット感が欲しい方は持って行くと安心だと思います。

④和食器


日本特有のお茶碗やお椀、お箸などはイギリスで売っているところがなかなかないです。また、菜箸やお味噌汁を作るときのこし器もあると便利です。

⑤春服、秋服、防寒グッズ


日本では春や秋は一瞬で過ぎるイメージですが、イギリスでは肌寒い時期が結構長いので、カーディガン等の温度調節しやすい服があると重宝します。イギリスでも服屋さんはたくさんありますがサイズが合わない事も。また、イギリスの冬は長くて寒く、ヒートテックやカイロ等の暖かグッズは必須です。ロンドンにもユニクロは何店舗かありますが、やはり高いです。ウルトラライトダウンはヨーロッパに旅行する際などにも重宝します。

⑥その他


・変換プラグ…日本から電化製品をいくつか持ってくる場合必要です。ロンドンからヨーロッパに旅行する予定の方は複数の変換プラグがセットになっているマルチタイプがおすすめです。
・スリッパ…ホテル等でスリッパが備え付けられていないことも多いので折畳用スリッパがあると便利です。イギリスではスリッパが売られているのをあまり見かけないので、自宅をスリッパで過ごしたい方も持って行く方が良いかと思います。
・常備薬…イギリスにも薬はありますが体に合わない場合もあると思うので、普段から使っているものがあれば持って行くと安心です。

持って行かなくても良いもの


・洋食器…お気に入りの物をいくつか持ってくるのはいいですが、住まいは家具や食器付きのところも多く、また安く売られているお店もあるので無理に持ってくる必要はありません。
・海外調味料(サフラン、カレー粉等)…海外由来の調味料はイギリスの方が安く豊富に手に入ります。
・シャンプー、ボディソープ…日本のシャンプー等は軟水仕様のため硬水のイギリスでは合わない可能性があり、イギリスで購入された方が良いかと思います。ただし、頻繁に旅行される予定の方はミニサイズのシャンプー等があると便利です。

まとめ


現在ロンドンで生活している立場として、日本から持ってきたら良かったなと思うものをまとめてみました。ただ、イギリスは世界中から人々が集まり、日本人も多く住んでいるインターナショナルな国。特にロンドン内では日本の食品関係はお金さえ出せば意外と手に入りますし、日用品等も大体の物はこちらで調達できます。また、こちらでしか手に入らない食材や調味料で料理をしたり、雑貨や食器等を集めたりするのも海外生活の醍醐味、という方も。持って行ける荷物の量や滞在環境に応じて、優先順位を付けながら準備をされるのが良いかと思います!