イギリス留学・ロンドン留学なら語学学校数No.1のロンドン留学センター!手数料無料で最安校から大学付属英語コースまで幅広く紹介。東京・大阪・名古屋・ロンドンのオフィスで安心のサポート。

ロンドン留学

お問い合わせはこちら

留学・転校手続きから、ホームステイ、寮手配、インターンシップまでロンドン現地オフィスからあなたをサポート

TEL 0120-4192-09

営業時間:(日本時間) 10:00〜20:00
イギリス内は +44(0)20-7387-4685

(UK時間11:00-18:00)

無料カウンセリング

ホーム > ワーキングホリデービザ / YMS

ワーキングホリデービザ / YMS

2015年度ワーキングホリデー(YMS)サポート受付中

ロンドン留学センターでは2015年度のイギリスワーキングホリデー(YMS)ビザ取得を目指す方への『2015年イギリスワーキングホリデーサポート』を開始しております。
ロンドンオフィス・日本オフィスから2015年度のワーホリビザ取得の最新情報を提供。ワーキングホリデービザ申請の手続きや必要書類の準備までトータルにサポートし万全の体制でビザ申請が出来るようお手伝いします。
詳細はロンドン留学センターまでお問い合わせください。


ワーキングホリデー(YMS)ビザ概要

ワーキングホリデー(Tier 5: Youth Mobility Scheme):通称ワーホリ・YMS

注意:YMSビザは正確に言うと「ワーキングホリデー」ではありません。ホリデーではなく就労のためのビザですので、入国の際には「イギリスで働くつもりである」ポイントを強調することを勧めます。

毎年定員の1000名の枠がすぐに埋まってしまうイギリスのワーキングホリデー(YMS)ビザです。2015年度は抽選という形式を採用。メールをイギリスビザセンターに送り、当選者にのみ後日抽選結果の返事が来る形。

イギリスのYMSビザが人気の理由は何と言っても『イギリスで働ける』『最大2年間自由に滞在が出来る』『31歳未満で申請可能』という非常に自由なビザだという点です。ただしその反面非常に人気が集中しており競争率が高いビザとなっております。

ロンドン留学センターでは、日本オフィスと協力しながら一人でも多くのお客様がYMSビザを取得出来るようにしっかりとサポートしていきます。

 

それでは、イギリスのワーキングホリデー(ワーホリ)こと、Youth Mobility Scheme(YMS)のビザ申請手順を紹介させていただきます。

 

■YMSビザの特徴

・最長2年の滞在が可能(2015年度)

・フルタイムの就労が可能

・期間の延長・在留資格の切り替えは不可

・日本国外での申請が可能

・イギリス国内での申請は出来ませんのでご注意下さい

・扶養する18歳未満の子供をつれて渡英はできない

・パートナーを連れていけないが、各自に在留資格があれば可能

・以前にワーキングホリデー・YMSビザを取得したことがある方は不可

・EU国籍以外でもインターンシップに参加出来る
 

ワーキングホリデー(YMS)ビザ申請条件(2015年度の抽選)

・日本国籍保持者であること。他対象となる国籍:オーストラリア、カナダ、モナコ、ニュージーランド、香港、大韓民国、台湾

・年齢が18歳以上~31歳未満であること。(ビザ取得後の渡英は31歳でも可能)

・1890ポンドの資金を証明できること。

上記の3つを満たす事で、申請基準の50ポイントとなります。

 

ワーキングホリデー(YMS)ビザ必要書類

下記は過去のYMSビザ申請の状況となりますが、ビザ申請必要準備の参考にしてください。

英文財政証明(翻訳した通帳など)

イギリス ワーキングホリデー YMS Appendix 7(記入)

イギリス ワーキングホリデー YMS 申請書VAF9作成(オンライン)

①書類の準備

  1. 申請条件を満たしていることを確認したのち、YMS抽選の当選発表の連絡より、オンラインで申請書(VAF9)を作成します。
    Visa4UKのページ
    http://www.visa4uk.fco.gov.uk/
  1. オンラインでVAF9申請書を作成しプリントアウトして、イギリスビザ申請センターに提出することになりますが、この際に申請書の最後のページにバーコードが印字されていることを確認してください。
    この際に、署名と日付をする。ビザの開始日は大体出国予定日とした日にちの数日前から開始日になります。
    その日から2年間がYMSの期間となります。
  2. Appendix 7(アペンディックス 7)をダウンロードして記入します。
    >>>Appendix7のダウンロード
    このAppendix 7は、プリントアウトして記入する必要があります。
  3. 申請のための補足資料を用意します。
    提出する補足資料についてはAppendix 7を除いて、それぞれコピーを1部添付する必要があります。
  4. 6か月以内に撮影したパスポート規格サイズ(45㎜×35㎜)の写真2枚が必要となります。
    顔のサイズも29㎜以上34㎜以下という規定があるので注意

 

②面接予約を取る

  1. イギリスビザ申請センターにワーキングホリデー(YMS)ビザ申請手続きのためのアポイント(予約)をとります。
    予約はビザ申請予約抽選当選発表後より受け付け開始。
    アポイントは申請用紙記入後オンライン上より取ることができます。
  2. イギリスYMSビザ面接予約が取れた後の確認表を必ずプリントアウトする。
  3. 東京、または大阪にあるビザ申請センターに行き、ビザ申請手続きを行います。申請時には生体認証情報として顔写真と指紋のデータを作成するため、必ず本人が出頭して申請する必要があります。郵送での申請はできません。生体認証情報はイギリスへの入国の円滑化、査証の不正防止などによる悪用防止のために生体認証情報を身元確認の方法としてイギリス大使館が導入しているもので例外を除き、申請者はビザ申請センターまで出向き、両手10本の指の指紋のデジタル採取と顔写真のデジタル撮影を行うことが義務付けられ10年間保管されます。これを拒んだ場合は申請が受理されません。なお、4本以上の指がケガ等で指紋採取ができない場合も受付されませんので注意してください。

 

  1. フィルピンにある在マニラ大使館内の専用センターで申請内容が審査され、許可された場合にビザが発給されます。
  2. ビザセンターのページからビザ申請追跡サービスで、ワーホリ申請費用支払後のレシート(Ref#)のナンバーと生年月日を打ち込むと
    自分のビザ現状が出ます。「ready for collection」ステータスになったら申請したビザセンターにYMSビザ付きパスポートが返却されていますので、ピックアップが可能になります。10日前後が一般的(ただしそれ以上になる可能性もある)
    ただし、28日しか保存してくれないので、必ず28日以内に行く必要があります。
    別途郵送料を申請時に払えば、イギリスビザ申請センターに取りに行く必要はありません

 

YMSビザ申請の注意点

①パスポートに半年以上の残存期間があること。

イギリスビザ申請センターからの情報ですと半年以上の残存期間を持っていればワーホリビザは2年分取ることはできるのですが、半年を切った物ではワーホリビザを申請出来ません。

②Youth Mobility Schemeの申請予約をする際には、予約項目にて“YMS”を選択すること

間違えて“Non-Settlement”や“Settlement”を選択して予約した場合、申請の受付が出来ない場合があります。ワーホリビザの申請予約の場合は必ずYMSを選ぶようにしましょう。

③VAF9では両親の生年月日の記入が必要になるのでわからない場合はあらかじめ調べておきましょう。

 

<英国ビザ申請センターの住所>
【所在地】
東京オフィス
東京都港区東新橋 2-3-14 エディフィチオトーコー4階

大阪オフィス
大阪府大阪市中央区中央区南船場1-3-5リプロ南船場ビル10F

【業務時間】
月~金 8:00am-2:00pm (東京)
月~金 8:00am-2:00pm (大阪)

【パスポート返却受付時間】
月~金 12:30pm-1:30pm (東京)
月~金 11:30am-1:30pm (大阪)
【休館日】
イギリス大使館により指定された土日・祝日

日本国外からのビザ申請

ロンドン留学センターは日本国外からのYMS申請サポートも承っております。詳細はどうぞお問い合わせください。

イギリスワーキングホリデー(YMS)ビザ募集概要

2015年度ワーキングホリデービザ(YMS)募集条件

募集定員:1000人
ビザ期間:2年間有効
申請年齢:18歳以上申請時30歳以下(渡航時に31歳でも問題なし)
応募方法:規定のメールでの応募抽選となり、2015年1月14日に1,000人当選
代理による申請不可
英国内での申請不可
申請料金 208ポンド相当(Visa4UKで申請書作成後、オンライン上でのカード支払いのみ)

ワーホリビザ申込手順(2015年度の場合


①下記の募集専用アドレスに

YMS2015-APPOINTMENT@vfshelpline.com

②下記の必要事項を記入して頂き

Name(氏名),
Date of birth(生年月日),
Passport Number(パスポートナンバー),
Country to submit the application(申請書を提出する国),
Home and mobile phone number(電話番号:自宅と携帯電話),

件名:氏名・生年月日・パスポート番号を英語で明記
例:YAMADA TARO – 31/01/1990 – TH123456789


③下記の募集期間内にメールにて申込

日本時間の2015年1月5日(月)12:00(正午)~2015年1月7日(水)12:00(正午)
※上記48時間のみ受付

④各ワーホリビザ申請のメール記入項目は

Name:名前
Date of birth:生年月日
Passport Number:パスポート番号
Country to submit the application:申請を行う国
Home and mobile phone number:電話番号・携帯番号

⑤当選後の流れ

合格確認のメールを受け取った人だけがYMSビザを申請する権利を得ることができることになります
英国以外の海外からも申請することができますので、合格した場合は、現在滞在中の国で申請することが可能です。
当選者に関しましては、英国ビザセンターの指示に従い、面接予約を行いワーキングホリデービザを申請します。
ビザ申請が許可された場合、24ヶ月間有効のビザが発給され、この間の英国出入国は自由となります。

イギリスワーキングホリデー(YMS)ビザ当選後の流れ

ワーホリビザ申込手順

2015年度の当選後の手順は未定

当選者にのみUKBAから告知が来ます。


①オンライン申請用紙作成

オンライン申請用紙をTier 5 Youth Mobility Schemeを選択して完了してください。こちらより用紙の作成を行ってください。オンライン申請用紙の有効期間は30日です。有効期間内にビザ申請センターに提出していただく必要があります。

②ビザ申請料金支払い

申請用紙を作成、アポイントメント予約後に申請料金を支払います。オンライン上でのカード支払いのみになります。

③UKビザ申請センター予約手続き

UKビザ申請センターで申請手続きするための来館予約を申請用紙作成・申請料金支払い後、オンライン上でお取り下さい。予約の際、ビザカテゴリー欄で必ず 「YMS」を選択して予約をお取り下さい。2015年度の申請予約とビザセンター来館日程は未定です。

④YMS申請必要書類を準備

書類を準備し、当日はEmailのプリントアウトとパスポートをご用意ください。

※日本以外からのワーホリビザ申請

UKBAから各ビザセンターに連絡をします。不明な点は滞在国のビザ申請センターに問合せ。


イギリスワーキングホリデー(YMS)へのお問い合わせはこちら

ロンドン留学センターロゴ

TEL(020)7387-4685

営業時間:(LONDON時間)11:00〜18:00
メール受付は24時間対応
日本国内は 0120-4192-09(10:00〜20:00)

無料カウンセリング

無料見積もり

ロンドンひよこ

イギリス申込フォーム

SkypeとLINEカウンセリング

YMS相談受付中

ロンドン留学体験談

ロンドン留学センタースタッフブログ

ウェストエンド語学学校 イーストエンド語学学校 サウス語学学校 ノースセントラル語学学校 オックスフォード語学学校 ケンブリッジ語学学校 ブライトン語学学校 イーストボーン語学学校 カンタベリー語学学校 ラムズゲート語学学校 ブロードステアーズ語学学校 ブリストル語学学校 マンチェスター語学学校 リバプール語学学校 ボーンマス語学学校 ポーツマス語学学校 エディンバラ語学学校 カーディフ語学学校 バース語学学校 プリマス語学学校 エクセター語学学校 ヨーク語学学校
Copyright © 2011 Deow.Inc, All Rights Reserved.