イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはイギリス現地オフィスのロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)/10時~19時(土日)
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

イギリスの食料品・日用品について


イギリスの食料品・日用品について

ロンドンはとにかく物価が高い!!というイメージがありますが、物によっては日本よりもかなり安く購入できることがあります。特に、Tesco, Sainsbury’s, Waitroseなどのスーパーではオリジナルブランドが用意されており、値段もかなり安くなっています。しかし、安い分品質の低い商品もあるので購入の際は自分の目で確認をしましょう。各スーパーの特徴を知ることで効率のよい買い物をすることができます。
比較目安:£安い ££リーズナブル £££高め

イギリスの主なスーパー一覧

◆Tesco/テスコ…£

テスコはイギリス内で最も多いスーパーマーケット。ロンドン市内にはテスコメトロやテスコエクスプレスなど(規模の小さいテスコ)があり、学校や仕事帰りに食料や日用品を購入するのには非常に便利です。また、テスコはClub Card (クラブカード)というポイント制のカードがあり、ポイントが貯まると割引券が自宅に届きます。普段からテスコをよく使う方はクラブカードを作ることをお勧めします。

◆Sainsbury’s/セインズベリーズ…£

セインズベリーズはテスコと同様に店舗が比較的店舗数が多く安めに食料品や日用品を買うことができます。期間限定特別価格によっては同じ商品でもテスコよりも安い場合もありますので、事前に比べてみるといいかもしれません。

◆Iceland/アイスランド…£

アイスランドでは冷凍食品(ピザ、フライドチキン、野菜、フライドポテト、ラザニアなど)を中心とした商品を安く売っており、料理の時間がない方や料理が苦手な方には非常に便利なスーパーです。また、ベーコン、卵、ミルクなども比較的安く手に入れることができます。テスコやセインズベリーズ同様安いだけに品質が低い場合があるので、買う際は自分の目で確認することをお勧めします。

◆Marks & Spencer/マークス&スペンサー…££

マークス&スペンサーはスーパーと言うよりもデパートに近く食料品の他、衣類やインテリア用品、キッチン用品、バス用品なども売っています。値段はテスコやセインズベリーズに比べるとやや高めですが、多少質のいい食料を手に入れることができます。しかし、一部のプラスチックバックは有料で5p取られることがあるので注意が必要です。ほとんどのM&S内にはキャッシュマシーンや両替所もあり非常に便利です。

◆Co-operative Food/コーポレーティブ フード…££

コーポレーティブフードのほとんどの店舗はロンドン郊外にあります。食品の質はテスコやセインズベリーズと似ていますが、値段は少々高めです。しかし、他のスーパーよりも閉店時間が遅いため、夜でもショッピングができるのが利点です。

◆Waitrose/ウェイトローズ…£££

ウェイトローズは他のスーパーと比べると店舗は少なめですが、品質の高い食料品を売っていることで有名です。高級感のあるスーパー内ではフレッシュなお肉やお魚が手に入るため、イギリス人奥様方には大人気。最近では“Tesco Price(テスコプライス)”と書いてある商品も多く、テスコと同じ値段で手に入る品もたくさんあります。また、オーガニックの肉、魚、野菜も売っているため、フレッシュで健康にいい食料品をお求めの方にお勧めです。

日本食の主なスーパー一覧

日本食が食べたい!けれど、調味料などはその辺のスーパーでは売ってない!という時に便利なのが日本食スーパーです。ロンドンには複数の便利な日本食スーパーがあります。スーパーによってはここは醤油が安い、あそこは米が安いと値段が違いますので、購入する前に同じ商品のお値段を比較しておくといいかもしれません。また、ほとんどの日本食スーパー店内では毎週日経週刊誌(ニュースダイジェスト、週間ジャーニーなど)を無料で配布しているので日本の時事を常に把握しておくことができます。

◆Rice Wine Shop/ライスワイン ショップ…£

ライスワインはピカデリー駅から近いBrewer Street沿いにあります。月~土は22時まで開いており学校や仕事帰りでもゆっくりショッピングができます。店内は比較的小さいですが、お菓子、麺類、お米、お酒、調味料、冷凍食品など200アイテム以上がぎっしり並べられており、格安で手に入ります。さらに、年に2回大セールがあり春と秋シーズンは要チェックです。

◆Yo-Yo Kitchen/ヨーヨーキッチン…££

ヨーヨーキッチンはWest Acton駅のすぐ近くにある小さな日本食レストランです。調味料の数は限られていますが、お弁当、お寿司、パンなどを低価格で購入することができます。ご主人は気さくな方で、店内はとてもアットホームな雰囲気です。手作りのお惣菜もコロッケ、餃子、厚揚げなど種類が豊富です。パーティー用のお寿司も提供しています。

◆ATARI-YA FOODS/アタリヤ フード…££

アタリヤはロンドンに日本食スーパーが4店舗と寿司バーが4店舗を構えています。スーパーではなかなか手に入らないアジアの野菜、薄切り肉、新鮮なお刺身などを購入できます。日本食調味料も豊富に揃えています。

◆Japan Centre/ジャパンセンター…£££

日本食に必要な調味料、カップラーメン、菓子類など売っており日本食が恋しい時はうってつけのお店です。お寿司やお弁当のテイクアウトもできますが、他の日本食スーパーよりも少々高めです。店内に日本の雑誌や文庫を売っている本屋さんがあります。

◆Nippon and Korea Centre/ニッポンアンドコリアセンター…£££

ロンドン市内には数えきれないほどのコリアン、チャイニーズショップがあります。ほとんどの店舗では日本食(主にラーメン、菓子類、冷凍餃子など)が置いてあります。ニッポンアンドコリアセンターでは日本食の他、本場韓国キムチや韓国調味料なども手に入ります。しかし、日本の調味料や米は日本食スーパーよりも高く売っているので要注意です。

ドラッグストア

イギリスのドラッグストアでは日本同様風邪薬やその他日常生活で便利なお薬を売っています。また、シャンプーや化粧品を安く購入することができます。その他サンドイッチ、飲料水、スナックなども売っているので非常に便利です。

◆Boots/ブーツ

ブーツはイギリスで最も多いドラッグストアです。店内には日用品(シャンプー、歯ブラシ、化粧品、風邪薬など)が置いてあります。また、病院で処方箋をもらった薬はブーツ内のPharmacy(薬局屋)で手に入れることが可能です。ブーツもテスコ同様ポイントカードがあるので、日用品をブーツでよく買う方には便利です。

◆Superdrug/スーパードラッグ

スーパードラッグもブーツと同様に日用品を備えています。化粧品やスキンケアのセールをよくしているので、比較的女性向けのドラッグストアです。

ロンドン家具製品/キッチン用品/バスルーム用品

日用品はイギリスに住むにあたって不可欠なもの。安いものから高い物までピンからキリまでですが、滞在期間や使用回数などを考えて購入すると安く効率のよい買い物ができるでしょう。

◆Argos/アルゴス

アルゴスではデパートやスーパーとは違い、店内にカタログがあり、購入したい物のコードを店員に渡すと裏の倉庫からストックを取ってきてくれるというシステムになっています。デパートで家具やキッチン用品(ドライヤー、ベットカバー、鏡、ポット、トースター、フライパンなど)を買うよりも比較的安く購入することができるので、イギリスに数カ月または数年だけ滞在される方はアルゴスでの日用品購入をお勧めします。

◆Charity Shop/チャリティーショップ

British Red Cross, Oxfam, Cancer Research UK などのチャリティーショップでは古着、中古のインテリア、ベットカバー、食器、DVD、本などを購入することができます。どれも非常に安く、短期間滞在予定の方には金銭的に優しいショップです。また、帰国する際にいらなくなった食器、本、服などは捨てずにチャリティーショップへ寄付すると無駄にならずに済みます。

◆Debenhams/デベナムズ

デベナムズはイギリス大型デパートで、化粧品、洋服、靴、日用品を購入できます。少しでも質のいいお布団やキッチン用品をお求めの方にお勧めします。質のいいキッチン用品が半額になっていることもありますので、要チェックです。オックスフォード・ストリート沿いにもあります。

◆John Lewis/ジョン・ルイス

ジョン・ルイスはデベナムズに比較的似ている大型デパートです。非常に質のいいベット用品、キッチン用品、バス用品、インテリア用品を購入することができます。お値段は決して安くはありませんが、長く使いたい方には価値のある品ばかりです。

生活情報
初めての方へ
基礎情報
学ぶ
ビザ情報
地域情報
暮らす
その他便利情報