イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはイギリス現地オフィスのロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのfacebook
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間(日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10:00-18:00(月-金)

Bournemouth / ボーンマス

Bournemouth / ボーンマス

ビーチのある街として有名なボーンマスは、イギリス人にとっては落ち着いた高級保養地として人気があります。こぢんまりとまとまった街並み、海水浴の出来るサンドビーチ、静かで暖かな気候。ボーンマスは静かに落ち着いて勉強をする最高の環境が整っている街です。街全体の人口は16万人前後。

ボーンマスに留学するメリット

静かで落ち着いた街

暖かでマイルドな気候

ホームステイは徒歩で通う生徒も多い

生活費・留学費用はかなり安い

治安が良い

日本人が少ない環境


ボーンマスの街の紹介

ボーンマス特徴

ボーンマスは良くブライトンと比較されるビーチエリアですが、ブライトンとボーンマスの最大の違いは、落ち着きです。ブライトンは若いエネルギッシュな街なのに対して、ボーンマスはゆったりと落ち着いた港町になります。また、ビーチもブライトンが石浜なのに対して、ボーンマスは砂浜なので浜辺でのリゾートを満期することができます。また、古くから英語の留学先としても有名で、特に韓国コミュニティが強い場所でもあります。

ボーンマスビーチ

10キロに渡る美しいビーチはロンドンでも有数の浜辺です。日本では知られていないのですがイギリスだけでは無く、ヨーロッパ中から夏のビーチを楽しみにボーンマスに人が集まります。

ニューフォレスト

ニューフォレスト/New Forestはかつては王室の狩猟上でした。ボーンマスはビーチとニューフォレストのと海と森の自然を楽しめる立地です。

ボーンマス アイ

ボーンマスアイ/Bournemouth Eyeはただの観光用の気球かと思ってしまうぐらい普通に公園内にある大きな気球です。街を歩いていると高く上昇してまた戻ってくる丸い姿がかわいく見えてきます。

ボーンマス海洋大水族館

世界中の海洋生物が集まっている水族館。ガラスのトンネルをくぐりながら館内の魚たちを見る事ができます。

The Pier Theatre

The Pier Theatreはボーンマスの海に突き出る形で出ている市民憩いの場所です。学校帰りにThe Pier Theatreまで寄って海を見てゆったりしながら友達と話すというのがボーンマス留学の放課後定番の1つです。


ボーンマス交通情報

市内交通はバスがメインとなっているが、多くの学生は徒歩で15分から20分くらいの所に住むため、バスを使わずに通学する生徒が多い。(ホストファミリーの家も大体同じような距離にあります。)市内バスは3ヶ月乗り放題で£100前後なため交通費も非常に安く抑えることが可能。
ロンドンへはバスで約3時間、電車では2時間でロンドンに行くことができる。

ヒースロー空港―ボーンマス

電車

地下鉄(underground)で waterloo駅まで行き、National Rail(国鉄)に乗り換え、Bournemouth駅ヘ行くことができます。
Total: 約2時間40分~4時間10分 片道約£45~55※
例) Heathrow Terminal(1,2,3)駅―(Piccadilly Line)―Leicester Square駅
Leicester Square駅―(Northern line)―waterloo駅
waterloo駅―(National Rail)―Bournemouth駅
※waterloo駅からは、直通と乗り換えが必要な場合があります。また、停車駅が多数ある場合は大幅に時間がかかります。チケットをご購入の際にご確認ください。

バス

ヒースロー空港からボーンマスへは長距離バスで行くことができます。
Total: 約2時間15分~2時間35分 片道約£15~27※
例) Heathrow Airport―(National express)―Bournemouth(Coach Station)

地域情報
初めての方へ
基礎情報
学ぶ
ビザ情報
生活情報
暮らす
その他便利情報