イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはイギリス現地オフィスのロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのfacebook
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)/10時~19時(土日)
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

イギリスの銀行について


イギリスの銀行について

長期留学(1年以上)をする方、現地で働きたい方はお金を安全に管理するためにも、現地で銀行口座 (Bank Account) を開設することをお勧めします。イギリスでは基本的カード社会ですので、買い物をする際ほとんどの方が現金を持ち歩かず、カードで支払いをします。イギリス国内でビザを申請する際も非常に便利です。

口座開設のメリット

✔日本国内と同様、大金を持ち歩いたり、家に保管することなく、安全にお金が管理できます。
✔お金が必要になった際、日本からの送金が数日で受け取れます。
✔好きなときに出入金ができます。(特に預け入れは国際キャッシュカードではできません)
✔口座によっては小切手が使えます。(高額の支払いの時、給料の受け取りに便利)。
✔デビットカード機能が使え、現金無しで手軽に買い物ができます。
✔ビザの申請や更新の場合、イギリスに口座があれば銀行明細書(Bank Statement)の英訳の必要ありません。
✔Debit Card(イギリス国内のクレジットカード)での引出しは原則として24時間手数料無料です。


イギリス4大銀行

イギリスでお金を預け利用するための金融機関は、銀行、郵便局、住宅金融組合(Building Society)等があり、それぞれに特徴があります。口座の種類も口座維持費(Maintenance Fee)のかかるものや,開設時にある程度の現金が入っていれば維持費無料などいろいろあるので口座を開設する前に必ず調べておきましょう。
イギリス4大銀行はHSBC,NatWest, Lloyds TSB, Barclaysの4社です。営業時間はどの銀行も一般的に平日9:30~16:30、ロンドン中心部の支店では土曜日も開いていることもあります。HSBCは日本にも東京と横浜に4支店あり、また旅行をする際世界中で支店があるため便利ですが、最近ではLloyds TSBが比較的口座開設しやすいと言われています。


口座開設に必要な書類

口座開設のメリット

✔パスポート
✔ビザ
✔学校在籍証明書又は学校又は職場からの紹介レター
(学校や職場に頼めば大概作成してもらえます。)
✔イギリス国内の現住所証明
✔一定程度の入金金額
また、まれに他銀行残高証明書(日本の銀行でも英文ならば可)や英国人知人からの紹介レター等の提示を求める銀行もあります。銀行によって上記以外の提示を必要とされる場合もあります。また地域、金融会社によっても決まりが異なりますので、最終的には渡航先で確認をし、留学生が多く利用している銀行に問い合わせた上で、開設すると良いでしょう。


口座の種類・必要な銀行用語

口座を開設する際、一番面倒なのが銀行専門用語です。基本的な専門用語を知っておくことで失敗のなく、スムーズに口座開設することができるでしょう。
まず、イギリスには大きく2つの口座に分けられ、一般的にはCurrent Account(普通預金口座)とSaving Account(定期預金口座)と呼ばれています。
Current AccountはATMカード(カードはVISAとDebit が一枚になっているものが非常に便利です。)が発行されるので、必要な現金をATMで必要な時に引き出せる。また、当座預金のように小切手帳(Cheque book)がついています。高額な授業料支払いなどにも便利です。イギリスでも日本同様、口座のオンラインバンク(インターネットバンク)化がすすみNET決済の機能が充実しています。24時間インターネット上で資金決済が出来る口座が整っています。イギリスに数年間のみいる方は基本的にCurrent Accountのみ作る方が多いです。
しかし、10年・20年と滞在予定の方は利子も比較的多めで、貯金のできるSaving Accountも作ったほうが良いでしょう。Saving Accountではある程度の残高がないと作れない可能性もあるので、予め銀行に確認することをお勧めいたします。ちなみに、Lloyds BankではCurrent AccountのことをClassic Accountと読んでいます。基本的にはCurrent AccountとSaving Accountで通じますが、この様に銀行によって同じサービスでも呼び方が違う場合もありますので注意しましょう。


口座開設後の利用方法

➀口座を作る出続きをすると後日、自宅にPaying in book と Cheque book,そしてデビットカードと4桁の暗証番号(PIN Number)が別々に送られてきます。受け取った暗証番号は後ほどATMなどで覚えやすい番号に変えることができます。

➁残高(Balance)は銀行窓口、オンライン、ATMで確認することができます。オンラインでは他の口座に簡単に送金することができるので、家賃や光熱費などの請求書の支払いに非常に便利です。

➂イギリスでは日本のように通帳はなく、毎月又は2ヶ月に一度出入金詳細が自宅に送られてきます。ビザ申請やその他証明に必要ですので、必ず保管しておきましょう。従って、他の家に引っ越す際は必ず窓口で住所変更をしておきましょう。

➃ATMでお金を出す場合 “cash withdrawals(現金引き出し)” “cash with on screen balance(現金引き出し+残高確認)”, “cash with receipt(現金引き出し+レシート)”など利用可能です。

➄日本からイギリス口座に送金することができます。基本的には平日ですと1日~3日で送金されます。様々な海外送金サービスがあり、手数料のみならず残高の基準や他サービスが異なりますので、家族や自分に適した送金サービスを利用しましょう。


カード紛失・盗難や暗証番号打ち間違えをした場合

カード紛失時

イギリスでカードの盗難にあった場合、残念ながら99%は戻ってこないと考えていいでしょう。移民増加に伴い貧富の差もあるため、日本のように警察に届ける習慣はあまりありません。カード紛失・盗難にあった場合、まずは各銀行の24時間カスタマーサービスに電話して、カードを止めてもらいましょう。本人確認のため口座開設時に決めた暗号(母親の旧姓や最初に飼ったペットの名前など)を聞かれることがありますので、忘れずに覚えておきましょう。後日新しいカードと暗証番号が自宅に届きます。従って、自宅住所の更新は必ずしておきましょう。また、新しいカードが届くまでは銀行窓口で現金引き出しが可能です。

暗証番号タイプミスや忘れた場合

日本同様3回暗証番号を打ち間違えるとカードが自動的に使用不可能となります。暗証番号を忘れてはいなく、ただ3回タイプミスをしてしまった場合はカスタマーサービスに電話をします。本人確認のためいくつかの質問をされますので、電話での英語の聞き取りが苦手な方は知り合いのネイティブスピーカーに助けてもらいながら電話をしましょう。その後ATMで正しい暗証番号を入れるとカード使用不可の解除ができるようになります。
暗証番号を忘れた場合は、近くの使用銀行へ直接行きその旨を伝えた方が手続きが早いでしょう。本人確認のため口座開設時に書いたサイン(又は暗号)を書かされます。数日後に新しい暗証番号が自宅に送られてきますので、自宅住所の更新を必ずしておきましょう。

※上記の情報はLloyds TSBの場合です。銀行により対処方法が異なることもありますので、その都度指示に従って行動しましょう。

生活情報
初めての方へ
基礎情報
学ぶ
ビザ情報
地域情報
暮らす
その他便利情報