イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはイギリス現地オフィスのロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのfacebook
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間(日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10:00-18:00(月-金)

イギリス携帯電話情報


携帯電話情報

イギリス留学の際に、日本から海外対応の携帯電話を持ち込み使用する手もありますが、維持費がかなり高くなります。留学費用を安く抑えるためにも、現地で携帯電話を購入するといいでしょう。
iPhoneやBlackBerry、Androidなどのスマートフォンを除くイギリスの携帯電話は日本のものに比べてかなり後進的。いちばん右の画像のような小さな携帯もまだまだ主流です。長期留学で画質や機能が日本と同じようなものを使いたいならばスマートフォンの購入をお勧めします。

イギリスにある携帯電話会社

ネットワークがいちばん大きいのはVodafoneとOrange。ロンドンで住む場合、どの会社のネットワークでもつながり方に違いはないですが、地方で住む場合はネットワークの大きいVodafoneかOrangeが良いと思います。
Vodafone イギリスを含むヨーロッパでシェアNo.1を獲得しているのでネットワークが強く、同じ携帯会社どうしの通話価格料金が適用されやすい。
O2 加入者が多く、イギリス内シェア2番手。元は国営のBTモバイル事業部だったので、固定電話BTとの連動性がある。
3 Three プランが一番安く、人気です。
T-mobile ドイツ系の会社。海外で使用可能なところが多く、特に東ヨーロッパとロシアで強い。
Orange こちらも海外で使用できる国が多く、イギリス国内でも強いネットワークを持つ。

SIMカードについて

イギリスでは日本と違いSIMカードという日本でいうメモリーカードのみの無料配布または販売も行なっています。(パスポートなどの提示は必要なし)
なのでSIMフリーのiPhoneなどを日本ですでに購入している場合、SIMカードをイギリスで購入すればそのiPhoneがイギリスでも使えます。(普通のものにはロックがかかっているので、使えるのはSIMフリーの携帯の場合のみ。)
左側の小さなチップがSIMカード。切り離して携帯電話のなかに入れます。

契約式プラン例

携帯電話は契約式とプリペイド式の2種類。
契約式は、日本で一般的に使われているのと同様、月々の基本料金と電話使用料金が銀行口座から毎月引き落とされるもの。

料金プラン例<契約式>

24ヶ月契約
月額£10.50 30分無料通話、500Texts、100MBインターネット
月額£15.50 50分無料通話、Textし放題、250MBインターネット
月額£ 20.50 100分無料通話、Textし放題、500MBインターネット  など

イギリスの携帯電話料金に関しては基本的には日本と比べると安くなるかと思います。特に同じネットワーク会社(同じ携帯会社)同士なら通話無料、メッセージ無料などの無料サービスがあったり、月々のボーナス通話時間をプレゼントしている会社もあるのでトータルで考えると日本の携帯代金より安くなる場合が多いです。

ただし、契約式の携帯電話を購入する場合、以下の条件を満たしている必要があるため、イギリスに来たばかりだと契約式で購入するのが難しいです。
1.イギリスでの銀行口座が必要
2.最低1年ほどの契約が必要
3.住所の証明が必要(自分の名前、住んでいる住所が記載されている、銀行の手紙や電話、水道、ガスなどの請求書などが必要)

プリペイド式プラン例

pay as you go と書いてある携帯電話がプリペイド式の携帯電話です。特別必要書類もないためとても簡単に購入できます。値段も£10のTop upがついて£25~ととても安く購入できます。購入の際にはパスポートなどIDが必要になりますので持っていくようにしてください。長期留学中に一時帰国する場合、契約式の携帯電話の場合は利用しなくても使用料を支払わなくてはいけませんが、プリペイド式の場合はお金が引き落とされないので無駄がなくオススメです。

料金プラン例<プリペイド式>

£20.50/1ヶ月
400分通話、Text無制限、100分国際電話
£10/1ヶ月 (O2)
300Texts、500MBインターネット
£12/1ヶ月 (3)
600分通話、3000Texts、1000MBインターネット  など

生活情報
初めての方へ
基礎情報
学ぶ
ビザ情報
地域情報
暮らす
その他便利情報