イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはイギリス現地オフィスのロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのfacebook
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間(日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10:00-18:00(月-金)

ロンドンバス

ロンドンでバスといえばすぐに赤いバスが思い浮かぶほど世界的に有名なロンドンバス。ロンドンに来たばかりだと勝手がわからず難しいかもしれませんが、一度乗ってみれば非常に簡単です。

地下鉄に比べると料金も安く24時間運営してるラインもたくさんあるので便利なうえ、景色をながめながら移動するのはとても楽しいです。


バス停の仕組み

最初は難しいかもしれませんが慣れると非常に便利ですし24時間のバスが通っているのでバスの利用の仕方を把握するとロンドン市内の移動が楽になるでしょう。

 

1. ここに表示してあるアルファベットは、バス停に展示してある地図で目的のバス停を探す時に必要です。地図にはどのアルファベットのバス停が何処にあるのかを表示してあります。

2.バス停はRequest とBus Stopの2種類あり、Bus Stopは普通にバスが停まりますが、Requestでは手を上げないと停まらないので用注意して下さい。 また、もしバス内が満員で降車客がいない場合手を上げてもバス停にすらとまらずそのまま走って行ってしまうときもあります。この図の場合ですとBus Stopですので、手を挙げなくても大丈夫です。

3. バス停の名前です。

4. どの経由で行くか、どの経路でいくか表示されてあります。この図の場合ですと、Kensal GreenかPaddington 経由です

5. バス停に停まるバスの番号が表示してあります。黄色の色が着いてある番号のバスは乗車前に予めバス券を購入しておく必要があります。青色の表示の番号はNight busで、夜中にも走っているバスです。青の表示でなくても “24 hour” と数字の上に表示している場合も夜中に走っています。

上の図の下には左の図のような提示がされており、どのバスがどのバス停に停まるのか、乗車時間、その下には各バスの時刻表が提示されています。

Night Bus/ナイトバス

番号の前に”N”がつくバスがナイトバスで、深夜0時から朝方まで運行します。値段や乗り方は通常と変わりませんが、全停留所がリクエストストップになるので注意しましょう。また、昼間と同じバス番号でもナイトバスの場合ルートが異なる場合もあるので確認が必要です。ただし、青色の表示ではなく数字の上に“24 hour”と表示されている場合はルートは昼間と同じです。


注意点

ロンドンのバスには基本的に1階にも2階にも防犯カメラがついており運転手は常に車内を確認していますが、ナイトバスには酔っぱらいなども多く乗っているので不安な場合は1階の運転手の近くに座りましょう。

シェルター式のバス停には近辺の地図が表示されておりアルファベット順に行き先が表示されており、その横にどこのバス停で乗れるかも表示されています。Night Busと昼間のバスの地図が分かれているので便利です。

1.各バスのルートの表が提示されています。どの番号のバスが自分の行き先まで出来るだけ早く遠回りをせずに行くか確認する事ができます。

 

2.行き先、バスルート(バスの番号)、バスストップのアルファベットが表示されており、探す事ができます。

3.左側には深夜バスの情報も記載されています。

ロンドンバスの標識の見方!

その1

まず②で目的地へ行くバスの番号を確認します。


その2

複数のバスが同じ目的地まで行く場合がありますので①の表で最短ルートを確認し利用するバスを決めます。


その3

もう一度②で、次はバス停のアルファベットを確認します。


その4

最後に①で目的のバス停を探し出します



乗車方法

東京で言うPASMOやSUICAの役割を果たす*オイスターカードを使用します。


前のドアから乗車してこのように黄色い部分にカードをタッチします。

下車するときは車内いたるところにあるこのボタンを1回押します。※下車する時はカードを再度タッチする必要はありません。


現在のバス運賃はオイスターカードだと£1.50です。(ほぼ毎年値段は変わるので注意)

バス運賃は一律で、一回乗れば次の停留所で降りても、終点まで行っても同じく£1.50です。(バスを乗り換える場合、最初のバスに乗車してから1時間以内の間であれば1回無料でバス乗り換えができますが、それ以降はまた£1.50かかります)

オイスターカード使用には1日に限度額があり、もし1日にバスで£4.50以上使ったらそれ以上はチャージされないので実質無料になります。


バスの種類

最も一般的な2階建てタイプ、ダブルデッカー。前のドアから乗車し真ん中のドアから下車します。2階に乗るのはとても楽しいですが、よく揺れるのでとくに走行中の階段の登り下りには気をつけましょう。また、2階での立ち乗りは禁止されています。

一階建てタイプのシングルデッカー。こちらも前のドアから乗車し真ん中のドアから下車します。ロンドン中心部から少し離れたエリアでとくによく見かけます。

一階建てタイプですが2車つながっているタイプがこちらのベンディーバス。前からも乗れますが、後ろにもオイスターカードをタッチする部分があります。

旧型のダブルデッカー、ルートマスター。もう廃止されてしまいましたが限られた2~3ルートでのみ今でも運行しています。こちらのタイプでは後ろから乗車し、また後ろから降ります。車掌さんがまわってくるのでオイスターカードはそのときに見せます。1階の場合は左天井にあるヒモを1回だけひっぱりベルを鳴らし、2階では階段ちかくにあるボタンを押します。停留所でなくてもバスが止まれば下車することが可能ですが、慣れていない場合非常に危ないのでやめましょう。


注意点

*旧型バス以外でもたまに車掌さんがチケット・オイスターカードの確認をしてまわることがあるので、チケットは乗車中無くさないようにしましょう。オイスターカードの場合は車掌さんが持っている機械にタッチすれば大丈夫です。

*基本的に1階の前と後ろのドアの間部分の席は優先席になります。

*ベビーカーや車椅子の場合は後ろのドアからの乗車が一般的です。その場合、乗車前または乗車後すぐに運転手の元へ行ってオイスターカードのタッチをしましょう。



長距離バス

イギリスの長距離バスは、Coach(コーチ)と呼ばれます。電車よりも安く国内を移動できることからイギリス人に愛用されていますが、時間はかかるので十分に余裕を持って計画を立てましょう。

長距離バス停留所はロンドンだとVictoria Stationから10分程歩いた場所にCoach専用のVictoria Coach Stationがあり、ほとんど全てのバス会社のバスが集結しています。

ヒースロー空港やマンチェスター、リバプールなどイギリス内のみでなくパリなど国外へ行く長距離バスの発着地店となっております。他にもヒースロー空港内にHeathrow Central Bus Stationもあり、ロンドンやイギリス国内への各都市へのバスの発着地点となっております。

 

National Express

イギリスで大手のバス会社でビクトリアコーチステーション拠点をにイギリス各都市を繋げている会社です。

ビクトリアコーチステーションのチケットカウンターでチケットの購入が可能です。乗車時に直接運転手からチケットを購入する事も可能ですが、混雑時はチケット所有者優先乗車になりますしチケットカウンターは行列ができかなり混雑している場合もありますので、割引があるのはもちろん、スペシャルオファーで安くチケットを販売していることもあるので時前にインターネットでのチケットの購入するのをオススメします。車内は広々していて座り心地も良く、トイレも完備しています。

割引カードの種類
1)Young Persons Coachcard ヤングパーソンコーチカード

16歳から26歳、又は26歳以上でも学生の場合、年間£10払うだけで30%の割引でコーチのチケットを購入することができますのでナショナルエクスプレスを頻繁に利用される方はとてもお得になるカードです。写真も入りませんし電車と違いピーク時間の指定なども無いので気軽に利用することができます。


2) Brit Xplorer ブリットエクスプローラー 

1000以上の行き先の中から自分の好きな行き先を3つ選んで旅をすることができます。利用期間により値段が変わってきます。
Hobo:7日間 £79
Footloose:14日間 £139
Rolling Stone:28日間 £219

3)Funfare

ロンドンから出ているバスの運賃が一番安い時でなんと£1というスペシャルプライスで購入することができますが、必ずしも手に入るわけではないので、随時Websiteをチェックしておきましょう。


Megabus

メガバス

Stagecoach Groupの子会社で、とても安い料金でチケットが買えるMegabusです。ロンドンを拠点とし、イギリス各都市を結んでいます。早く予約をすればするほど安くなるので割引チケット購入ご希望の際は早めにWebsiteをチェックするようにしておきましょう。National Expressと同様、最低運賃は£1となっています。

車体はロンドンの市内バスのダブルデッカー車を塗装しなおして使っているので、長距離の移動の場合、すわり心地が悪いのと、トイレがないのが難点です。



飛行場とロンドン市内を結ぶバス

Heathrow Airport/ ヒースロー空港
National Express Victoria Station発着、乗車時間は35分~60分。一時間に3本

Gatwick Airport/ガトウィック空港
National Express Victoria Station発着、乗車時間は65分~95分
Easybus Earls Court/West Brompton Station発着、15分毎の24時間運行です。EasyJet(飛行機)ご利用の方全てEasybusの利用可能です。

Stansted Airport/スタンステッド空港
National Express London Victoria 発着、 Marble Arch、Baker Street にも途中停まります。 10分毎、24時間の運行。
Stratford発着、30分毎、24時間の運行。乗車時間は1時間
Terravision Express Shuttle Victoria Green Line Coach Station発着かLiverpool Station発着で、30分毎です。乗車時間は約55分

Luton Airport/ルートン空港
Greeen Line Baker Street, Marble Arch , Victoria Station発着、一時間に4本で24時間の運行
Easybus Baker StreetとVictoria発着、15分毎の24時間運行です。EasyJet(飛行機)ご利用の方全てEasybusの利用可能です

生活情報
初めての方へ
基礎情報
学ぶ
ビザ情報
地域情報
暮らす
その他便利情報