イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはイギリス現地オフィスのロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~20時(月~金)/10時~19時(土日)
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

イギリスのお金について

イギリスのお金について

イギリスはEU(European Union)加盟国ですが、共通通貨Euro(ユーロ)を導入せず、独自の通貨GBP=Great Britain Pound(グレートブリテンポンド)を使用しています。
※通貨記号:£(Pound/ポンドまたはQuid/クイッドとも呼ぶ)
※補助単位:p(Pence/ペンスまたはピー)
※1ポンド=100ペンス

主に流通しているのは、イングランド銀行が発券しているポンド紙幣と硬貨。スコットランドの銀行が発券しているスコットランド紙幣をはじめ、北アイルランド、マン島、ジャージー島や、ガーンジー島などのチャンネル諸島、地中海のジブラルタル半島、南大西洋上のフォークランド諸島でも独自のポンド通貨を発行しています。通貨の価値はどれも同じで、これらの地域のポンド紙幣をイングランドやウェールズなどのメインランドに持ち帰った場合、紙幣の使用は可能です。
※しかし、まれにイングランドやウェールズの人々がスコットランドなど他の地域で発行されている紙幣を知らない場合もあります。また、イングランド紙幣以外のポンド紙幣は日本に持ち帰っても両替できないので、予め銀行でイングランド紙幣に取り替えておくことをお勧めします。


イギリスの通貨一覧

1 penny 銅貨
2 pence 銅貨
5 pence 銀貨
10 pence 銀貨
20 pence 銀貨
50 pence 銀貨
1 pound 厚めで金色
2 pounds 周囲が金色、中心は銀色。大型
5 pounds 紙幣(ポリマー素材)
10 pounds 紙幣
20 pounds 紙幣
50 pounds 紙幣(ほとんど流通していない)

付加価値税: Value Add Tax (VAT)について

イギリスの付加価値税は0%、5%と20%の三段階に分かれており、どの商品が何%のVATかは法律で規定されています。
0%課税は、生活必需品と、本、新聞や雑誌、子供服や法律で決められた項目の食品等が該当します。
5%課税は、車で使用する子供用のチャイルドシートや、燃料に対して、20%から5%に下げて課税されています。
20%課税は、その他の項目(例えばアルコール類、調理済の食品、ミネラルウォーター、アイスクリーム、ガソリンやレストランでの食事など)が対象となります。

クレジットカード

イギリスでは、クレジットカードの利用が大変普及しています。しかし、ICチップ付きのクレジットカードでPINナンバーを入力するタイプがほとんどなので、防犯上のためにもICチップ付きのクレジットカードを用意しておくことをお勧めします。また、イギリスの主要な都市の街角には ATM が多数設置されており、Visa、Master などの主要クレジットカードがあれば、手数料はかかりますがキャッシングが利用できます。

1年以上イギリスに滞在する方は、イギリスで口座を作ることをお勧めします。イギリスのクレジットカード(デビットカード)はどのキャッシュマシーンでもほとんど手数料がかかりません。また、ビザの更新などの証明にも便利です。1年未満イギリスに滞在される方は、日本とイギリスでも使えるCity Bank、新生銀行インターナショナルキャッシュサービス (手数料無料) などが非常に便利です。


両替所について

日本円はポンドへの両替はロンドン市内のほとんどの両替所で可能です。主な両替のポイントは、銀行、ポストオフィスまたはBureau de Change と看板が掲げられている両替所の3つになります。各店舗毎に、ポンド円の為替レートと換金手数料が違いますので必ず事前に確認してから換金するようにしましょう。
*ロンドンのOxford Street(オックスフォードストリート)にある、スーパーMarks&Spencerの3階にある両替所はレートがよく、手数料もかかりません。
*オックスフォード・サーカス駅の近くにあるHouse of Hanover(ハウスオブハノーバー)店内の両替所も比較的レートが良いです。住所:13-14 Hanover Street, London, W1S 1YH

調査結果

弊社のロンドン支店が2013年7月25日に行った調査では、House of Hanoverの両替所がMarks & Spencerの両替所と比べて1万円につき£4近く多く両替できるレートでした。

新5ポンド札について

2016年の9月13日より新5ポンド札が使われています。旧札は紙素材でしたが、新札はポリマー素材でできており耐久性に優れているため、従来の紙紙幣と比べて2.5倍長持ちするそうです。2017年5月5日まで旧紙幣は通常どおり使うことができますが、それ以降はお店などで使うことが出来なくなるので、もし持っている場合はBank of Englandに持っていき新紙幣と交換してもらいましょう。

生活情報
初めての方へ
基礎情報
学ぶ
ビザ情報
地域情報
暮らす
その他便利情報