イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはイギリス現地オフィスのロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのfacebook
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間(日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10:00-18:00(月-金)

Plymouth / プリマス

Plymouth / プリマス

プリマスはイギリス、イングランドの南西部デヴォン州にありロンドンから電車で約3時間半程の場所にある人口は約25万7千人とこじんまりとした街湾岸都市です。電車でロンドンから行く時は海沿いを走っていくので景色がとても綺麗でイギリス的風景を楽しめる旅ができます。プリム側の河口にあることからPlym(プリム)+Mouth(河口)が地名の由来とされています。プリマスから約1時間程の場所にはダートモーアという国立公園も近くにあり素晴らしい自然に接する事もできます。海沿いの街という事もあり、シーフードがとても美味しく、特にイギリス料理フィッシュアンドチップスは他の街では味わえない新鮮な魚を使った本当に美味しいフィッシュアンドチップスを食べることができます。そしてなんとも、デヴォン独特の郷土料理もあり食も楽しむ事ができるでしょう。

プリマスに留学するメリット

イギリス的環境

ロンドンや都市では味わえない本場イギリス的な環境です。プリマスの周りには綺麗な海辺や幻想的なイギリスの自然と触れ合うこともできますし、ロンドンや都心では味わえないイギリス田舎ならではの人とのコミュニケーションを体験することができます。人と人が目があった瞬間ニコっとする、隣に居合わせた人と今日はご機嫌いかがですか?など話しかけたりという心温かくなるイギリス的な習慣に触れ合うことができます。

日本人が少ない

そしてもう一つは日本人はほとんどいない事です。日本人とのコミュニケーションも大切ですが、やはり流暢な英語を修得する為には持続的に英語を話す、聞く事が重要なキーポイントとなってきますし南西部は英語もそこまで訛っていないので英語修得の場所には最適な場所だと思います。

食事

イギリスはご飯がまずい!と言われていますが、プリマスは海辺の街ですので海沿いのレストランに行くと美味しいと巷で有名なフィッシュアンドチップスがあったり、新鮮な魚を使った美味しい料理のレストランがあったりします。他にもコーンウォールやデブォン発祥とされているパスティやスコーンには欠かせないクロテッドクリームなど(プリマスでは果物やケーキの上にまた塗ってたべたりと、何にでも塗って食べます!)独特な食べ物を経験できます。

プリマスの街の紹介

プリマス特徴

プリマスは1620年に、プリマスからピルグリムファーザーズ102人の清教徒達が、信仰の自由を求めて新大陸のアメリカ、現在のマサチューセッツ州の都市で同名のプリマスにメイフラワー号で旅にでたということで有名で歴史的な街として知られています。こじんまりとした町ですが海洋学で有名な名門プリマス大学やプリマスカレッジオブアートなど有名大学、カレッジもあり、学生に人気の街というのもポイントです。町に出るとショッピングモールもありますし、学生や若者が集まるパブ、クラブ、ライブハウスや映画館、ボーリング場など学生や若者が楽しめる施設も充実しています。

バービカン

プリマスは第二次大戦中の爆撃を受け街の大半が焼かれてしまったのですが、バービカンは奇跡的に爆撃を免れ、今でも16世紀17世紀の面影を残した歴史的な街並みが続いている場所です。 有名メイフラワー号出港記念碑があるバービカンはバービカンでは新鮮な魚料理を提供しているレストランやお洒落なバーがあったり、港には漁船や船が止めてあったり夜景も綺麗だったりと歩くだけでも楽しめる雰囲気のある場所でプリマスのデートスポットとしても有名です。

ホーの丘

プリマスの海沿いを一望できる、ホーの丘にはプリマスのトレードマークのスミートンズタワーが建っています。入場料を払えば中を見ることもで、当時の灯台守が使っていた用具が展示されています。ホーの丘は天気の良い時や夏などはとても賑わう場所で若者の人気スポットとしても有名です。

プリマス周辺の海辺、浜辺

プリマスの近辺、得にコーンウォールにはたくさんの綺麗な海辺があり、夏や晴れた週末など家族連れやカップル、若者たちで賑わいます。中にはサーフィンができる海などもあります。


その他プリマス近郊の観光スポット

ダートムーア国立公園

プリマスの近くにはイギリスで非常に有名なダートムーア国立公園があります。アガサ・クリスティーが処女作スタイルズ荘の怪事件を書き上げたムーアランドホテルがあったり、イギリスの舞台や小説に度々出てくる有名な地です。広さは770平方㎞、標高は高いところで600mとイギリス独特な自然を味わえる場所です。木々が生い茂るのではなくゴツゴツした岩がところどころむき出しになっている荒地です。イギリス人にはトラッキングやキャンプ、イギリスながらの乗馬などのアウトドアスポットとして有名で、近郊の学校では修学旅行としてキャンプしにくる学校などもあります。それだけではなく、先史時代の古い建物や住居跡などあるのも人気ポイントとなっています。

エデン・プロジェクト

プリマスから車で約1時間程の場所のコーンウォールにエデン・プロジェクトという環境保護をテーマとした世界最大級の植物園植物博物館です。地中海や熱帯などの独特な気候も再現されており世界中から集められた10万種類以上の植物が集められています。人間はどう植物等と関係して生きているのかを紹介する為に作られたプロジェクトで、植物がメインのテーマとして挙げられていますが私達人間がいかにそれらの自然植物を保護し維持させていかなければならないか、どう対等に生きていかなければならないかも紹介しています。


プリマスの交通

ロンドンのパディントン駅からNatinal Railの直通の電車が通っていて約3時間~3時間半程で着きます。
バスの場合はMegaBusとNational Expressの二つの会社から出ています。バスのほうが安く行けますが時間は道路の状況次第ですが大体5時間半~6時間程かかります。
プリマス市内はバス網があり、離れた移動はバスを使っての移動となります。

ヒースロー空港―プリマス

電車

地下鉄(underground)、ヒースローエクスプレス、またはオーバーグラウンド(Overground)でPaddington駅まで行き、National Rail(国鉄)に乗り換え、プリマスヘ行くことができます。
Total:約3-4時間 片道約£50-100 ①,②,③のどれを選ぶかに寄って値段が大きく異なります。※
例)Heathrow Terminal(1,2,3)駅―(①,②,or③)―Paddington駅
① ヒースローエクスプレスで直通・・・約25分
② オーバーグラウンドで直通・・・約30分
③ 地下鉄(underground)で乗り換え1回・・・約60分
(Heathrow Terminal(1,2,3)駅―(Piccadilly Line)―Gloucester Road駅
Gloucester Road駅―(Circle line)―Paddington駅)
乗り換え後National railでプリマスまで直通
Paddington駅―(National rail)―Plymouth駅

バス

ヒースロー空港からプリマスへは長距離バスで行くことができます。
Total:約4-5時間 片道約£30※
例) Heathrow Airport―(National express)―Plymouth

地域情報
初めての方へ
基礎情報
学ぶ
ビザ情報
生活情報
暮らす
その他便利情報